2015年度・2016年度 PB3050 初等家庭科教育法 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数151
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の初等家庭科教育法1単位目の合格レポートです。

    「PB3050 初等家庭科教育法」

    ◎レポートの講評
    <1単位目>
    1、実際にどの場面で、どのようなアドバイスをするのかを考えられるとさらに良くなると思います。
    2、よくまとめられています。今後に生かしていって下さい。

    ◎課題
    <1単位目>
    1、小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え、具体的に述べなさい。
    2、小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また、生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。

    となっております。
    みなさまの参考になればうれしいです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育課程の初等家庭科教育法1単位目の合格レポートです。
    「PB3050 初等家庭科教育法」
    ◎レポートの講評
    <1単位目>
    1、実際にどの場面で、どのようなアドバイスをするのかを考えられるとさらに良くなると思います。
    2、よくまとめられています。今後に生かしていって下さい。
    ◎課題
    <1単位目>
    1、小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え、具体的に述べなさい。
    2、小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また、生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。
    1
    グループ学習は、1クラスを6人前後に分けて指導・学習する形態である。これは、児童同士で意見を交換し合ったり、協力したりする作業を行うことで、児童が互いに学び合う機会になる。例えば、自分では気がつかなかったことや考え方がまわりの人と話すことで見つかったり、自分ではわからない問題がわかるようになったりする利点がある。近年では、家庭科の授業に限らず、多くの授業で取り入られている。
    グループ学習の際は、グループに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。