2015年度・2016年度 PB3030 初等音楽科教育法 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数389
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の初等音楽科教育法の1単位目の合格レポートです。

    「PB3030 初等音楽科教育法」

    <課題>

    1単位目
    ◎「歌唄共通教材」とはどのようなものですか。
    ①定義
    ②指導に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。また、教科書P.36の表を写し、曲名を書き入れてください。
    という内容です。

    <レポートの講評>
    「歌詞をじっくり読んで自分で歌うことからはじめてみよう。」
    でした。

    みなさんの参考になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015年度 初等音楽家教育法 1単位目の合格レポートです。
    ◎1単位目のレポート講評
    1単位目・・・「歌詞をじっくり読んで自分で歌うことからはじめてみよう。」
    という内容でした!
    2015年度 初等音楽家教育法 1単位目
    ◎「歌唄共通教材」とはどのようなものですか。
    ①定義
    ②指導に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。また、教科書P.36の表を写し、曲名を書き入れてください。
    ①、近代化を急ぐ明治政府は、明治5年に近代的な学校制度をスタートさせ、この中の教科の1つとして唱歌を設けたが、指導者がおらず、教科書もないという状況であった。「当分之ヲ欠ク」という但し書きがつけられて、開店休業のような状態であった。
     この間、文部省は指導者の養成、教材の研究作成に努め、学制が施行されてからおよそ10年後の明治14年に、日本で初めての音楽教科書「小学唱歌集(初編)」を施行するに至った。しかし、この当時の曲のほとんどは、外国の旋律に日本語の歌詞をつけたものばかりであった。
     その後、各所で指導者や音楽家の養成が進んでいったおかげで、官民とりまぜていろいろな唱歌の教科書が刊行されるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。