2015年度・2016年度 PB2160 初等教育方法学 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数284
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○明星大学通信教育課程の初等教育方法学の2単位目の合格レポートです。

    「PB2160 初等教育方法学」

    <レポートの講評>
    1、具体的な面からも、検討が進められています。
    2、教育方法の流れについて、理解が得られました。ここ数年の動向も整理しておくといいでしょう。

    <課題>
    2単位目
    1、自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際にはどのようなことに配慮するか考察しなさい。
    2、我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。


    です。

    みなさんの参考になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育課程の初等教育方法学の2単位目の合格レポートです。
    「2015年度 PB2160 初等教育方法学」
    <レポートの講評>
    1、具体的な面からも、検討が進められています。
    2、教育方法の流れについて、理解が得られました。ここ数年の動向も整理しておくといいでしょう。
    <課題>
    2単位目
    1、自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際にはどのようなことに配慮するか考察しなさい。
    2、我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。
    1、情報通信機器やデジタル教材を活用し、授業を進めていく上で配慮すべき点は、「情報通信機器やデジタル教材だけに頼る授業展開を行わないこと。」「児童に考えさせる時間を設けて、発言させる時間を作ること。」であると考える。
     情報通信機器やデジタル教材は、現在学校でも取り入れることが多く、パソコンや携帯電話などの普及により以前に比べてより身近なものになっている。そのため、家庭内でそういった物に触れる機会も多いため、デジタル教材を用いることで、児童の興味関心をひくことができる点や時間の短縮ができるといった長所がある。
     今で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。