2015年度・2016年度 PB2160 初等教育方法学 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数271
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○明星大学通信教育課程の初等教育方法学の1単位目の合格レポートです。

    「PB2160 初等教育方法学」

    <レポートの講評>
    1.両者自体について認識がある様子です。比較検討の視点はもう少し強調しておきたい。
    2.各事項とも調べてあり、要約も充実しています。
    という内容でした。

    <課題>
    1単位目
    1.系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2.次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力

    です。

    みなさんの参考になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育課程の初等教育方法学の1単位目の合格レポートです。
    「2015年度 PB2160 初等教育方法学」
    <レポートの講評>
    1.両者自体について認識がある様子です。比較検討の視点はもう少し強調しておきたい。
    2.各事項とも調べてあり、要約も充実しています。
    という内容でした。
    課題1については、もう少し比較検討を深めた方がいいかもしれません!
    <課題>
    1単位目
    1.系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    2.次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1)情報活用能力 (2)絶対評価 (3)生きる力
    1、系統学習とは、「人類が培ってきた文化遺産や知識などの教材を中心に、教師が学習者に伝授していく方式」である。
     この学習方法の中心は教師にある。この学習方法の長所は、教師が一斉に大人数の学習者に短時間で知識や教養を与えることができる点である。また、学校や大学、塾などでは知識を教え込むという面ではとても効率が良い学習方法である。そして定期的な筆記試験や口頭試験を行うことで学習者の授業理解度を図ることができる。
     しかし、学習の速度から取り残されると、授業内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。