2015年度・2016年度 PA1020 教育原理 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数362
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の教育原理の2単位目の合格レポートです。

    「PA1020 教育原理」

    <課題>
    1、戦後日本の教育改革について3点取り上げ、要点をまとめよ。
    2、現在の学校教育の課題について考察せよ。


    という内容です。

    <レポートの講評>
    「戦後の教育改革と現代の教育課題について適切にまとめられています。」
    という評価でした!


    みなさんの参考になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015年度 教育原理の2単位目の合格レポートです。
    ◎レポートの講評
    「戦後の教育改革と現代の教育課題について適切にまとめられています。」
    という内容でした!
    2015年度 教育原理 2単位目
    1、戦後日本の教育改革について3点を取り上げ、要点をまとめよ。
    2、現在の学校教育の課題について考察せよ。
    1、戦後の日本の教育改革について以下の3点についてまとめた。
    1つ目は「GHQによる改革」である。
    戦後日本はポツダム宣言を受諾し、敗戦を迎え、これを契機として日本の国政全般は「連合国最高司令官部(GHQ)」の占領下におかれることになった。
    このGHQにより、戦前の極端な国家主義と軍国主義を一掃し、日本の民主化を図るため、昭和20年10月、「日本教育制度の管理」に関する指令をはじめ多くの指令を出した。これらにより、戦前の教育において重視されていた軍国主義的・国家主義的思想の普及を禁止し、国家神道の思想及び信仰を政府が保護・奨励することを禁じ、神道による教育を学校から排除するとともに、軍事訓練や終身、日本歴史及び地理の授業の停止と教科書の回収、さらには軍国主義や極端な国家主義を鼓舞した教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。