国語科教育法(科目最終試験) 95点合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数299
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年11月現在適用。国語科教育法は採点が厳しい科目だと思いますが、この資料をきちんと覚えることができれば合格できると思います。私は問題③が出題され95点で合格しました。
    ※参考文献 新たな時代を拓く小学校国語科教育研究(編集名:全国大学国語教育学会編)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成26年度 国語科教育法 試験対策(2014年度対応版)
    1 テキストに示された「書くことの授業」について、次の①②③の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること①書くことの学習課程、②文章の種類、③低学年の指導、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    2 テキストに示された「国語教育の意義」について、次の①②③の項目に分けて記述しなさい。
    項目ごとに改行し、1行あけること①人間とことば、②言語文化と言語生活、③国語科教育と国語教育、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    3 テキストに示された「国語科教育の構造」について、次の①②③④の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること。①国語科教育の目標と国語学力、②国語科教育の内容、③国語科教育の方法、④国語科教育の評価、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    4 テキストに示された「読むことの授業」について、次の①②③④の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること。①三層構造、②文学的文章指導の方法、③説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。