S0534 教育相談の研究 【2014年A判定最新】 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数579
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度 佛教大学 教育相談の研究 第一設題 A判定

    「教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。」

    「テキストを理解した上で、的確にまとめられています。」という所見をいただきました。

    テキストに沿った上で、個人の考えを述べています。参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
     カウンセリングは大きく分けて二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。治療的カウンセリングというのは、専門的な知識と技術を用いて、症状や病気を治療することを指す。対して、発達援助的カウンセリングは、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。そのため、学校カウンセリングといえば、この発達援助的カウンセリングに分類されるといえる。
     フロイドは、理想の姿を求める心を超自我、自分の行動を決定する心を自我、快楽を求める心をイドと名付けた。子どもたちの神経症的な症状や問題行動は、超自我・自我・イドの三者の関係がアンバランスであるというサインとして受け止め、三者の関係のバランスをとること、あわせて症状や問題行動の改善をはかろうとすることが、発達援助的カウンセリングの目標である。
     そもそも、学校カウンセリングを発展させるきっかけになったのは、1995年度からスタートした文部省のスクールカウンセラー事業である。教師が行うスクールカウン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。