A6109 日本国憲法 「法の下の平等について」 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数217
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A6109 日本国憲法 佛教大学 (2013年)A判定いただきました。

     法の下の平等とは、個人権であるとともに人権の総則的な原則である。平等の理念は権力による不当な法的扱いを禁止し、人は機会に関するかぎり平等な法的扱いが保障されなければならない。この機会の平等は、法的な取扱いにおける平等であり、その意味では形式的平等ということができる。明治憲法においても平等権を無視してはいないが、そこでは平等原則は十分には実現されず、華族という特権階級が存在し、政治的特権が認められていた。また男女間の不平等が目立ち、女子には参政権がなく、平等原則は公務就任資格の平等というかたちでしか保障されていなかった。しかし日本国憲法は14条において法の下の平等の基本原則を宣言し、個別的にも貴族制の廃止や栄典にともなう特権の禁止など、一般原則として徹底した法の下の平等を保障している。以下は、項目ごとに述べることにする。
    (1) 自由と平等 
     自由と平等には矛盾する点があり、個人の自由な活動を保障する...

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の下の平等について」
     法の下の平等とは、個人権であるとともに人権の総則的な原則である。平等の理念は権力による不当な法的扱いを禁止し、人は機会に関するかぎり平等な法的扱いが保障されなければならない。この機会の平等は、法的な取扱いにおける平等であり、その意味では形式的平等ということができる。明治憲法においても平等権を無視してはいないが、そこでは平等原則は十分には実現されず、華族という特権階級が存在し、政治的特権が認められていた。また男女間の不平等が目立ち、女子には参政権がなく、平等原則は公務就任資格の平等というかたちでしか保障されていなかった。しかし日本国憲法は14条において法の下の平等の基本原則を宣言し、個別的にも貴族制の廃止や栄典にともなう特権の禁止など、一般原則として徹底した法の下の平等を保障している。以下は、項目ごとに述べることにする。
    自由と平等 
     自由と平等には矛盾する点があり、個人の自由な活動を保障する形式的平等(機会の平等)は、個人の不平等をもたらす。自由を抑制なしに認めると、少数の政治的・経済的な強者は多数の弱者の犠牲においてその権力と繁栄を増大することになり、不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。