【2015年度】S0615 家庭科概論 レポート 第一設題 A評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,403
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0615 家庭科概論の第一設題のレポートです。
    A評価を頂きました。

    教科書や参考文献を引用し、簡潔にまとめてあります。
    レポート課題作成の参考にして頂けると幸いです。

    ※注意※
    レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。


    【設題】自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。
    課題1:食事についての問題(テキストp42~104)
    課題1
     テキストを読み、自分自身の生活を見直したとき、改善すべきであると真っ先に思い当たったのが日ごろの食事についての問題である。
     私の日常の生活では時間がないために朝食を抜くことが多く、また帰宅時間も日によってバラバラで夕食をとる時間が一定せず、また食べるものも自炊したものではなくファーストフードやスーパーのお惣菜、コンビニの食品などが多く、食事に対しての意識が薄いのではないか、とこのテキストを通して強く感じた。
     まず注目したのが「食事の役割」についてである。欠食することによって低体温を引き起こし、食べているときと比べ脳の動きや精神の安定などに支障をきたすおそれがある。日中の作業効率が上がらないのは、これが一因しているのだと私は痛感した。また、なぜ朝食べられないのか考えたとき、睡眠時間が短かったり、夜遅くまで起..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。