【2016年度最新】S0534 教育相談の研究 レポート 第一設題 A評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,440
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0534 教育相談の研究の第一設題のレポートです。
    A評価を頂きました。

    教科書を引用し、簡潔にまとめてあります。
    レポート課題作成の参考にして頂けると幸いです。

    ※注意※
    レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。


    【設題】教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
     そもそも「カウンセリング」とはなんだろうか。
    カウンセリングという概念を広義的に捉えると、「人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をする」という考え方が言える。古くは西洋において、牧師などが人々の信仰上の悩みだけでなく、家庭や日常生活での悩みを聞いたり、個人的な相談を受けたりしていた。牧師は、ただ単に人の悩みを表面的に解決するだけでなく、その人の内面に立ち入り、自己を深く見つめなおさせることにより、その人本来の自己を見つけ出す手助けをしたことから、これがカウンセリングの原点であるとされている。この考え方は、相談を受ける人の資質や経験によるところが大きかった。これに対し、カウンセリングを狭義的に捉える考え方もある。近代に入り社会の構造が複雑化するにしたがい、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、単なる資質や経験だけでは対応できないようになってきた。そのため、一定の知識や技術などが要求されるようになった。今日的なカウンセリングの捉え方はこちらである。
    また、カウンセリングには2つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。