【2016年度最新】S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) レポート 第一設題 A評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数796
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等)の第一設題のレポートです。
    A評価を頂きました。

    教科書や各種文献を引用し、簡潔にまとめてあります。
    レポート課題作成の参考にして頂けると幸いです。

    ※注意※
    レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。


    【設題】小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかを取り上げて説明してください。
     今日において、学校ないし児童・生徒を取り巻く環境では不登校、いじめ、校内暴力、学級崩壊、児童虐待、自殺、特別支援教育における問題、携帯電話に関する問題など、さまざまな問題が山積みとなっている。また、家庭の問題や学習に対する困難を抱えた児童・生徒らも多くなっているのである。これらの諸問題は、急激な社会変化に起因する人々の生活様式の変化や個人としての価値観の多様化、社会組織の複雑化、学校のいわば閉鎖的な体質と多様性に富んだ現代社会の間で摩擦が生じていること、指導力不足・生徒理解への意識が欠ける教員の増加などの原因が挙げられる。そのような状況のなかで、学校における教育相談の役割はますます大きなものになっている。今後において教員は、カウンセリング・マインドのような子どもひとりひとりを理解しようとする姿勢をもつことを強く求められるだろう。カウンセリング・マインドとは、コミュニケーションを通じての共感的理解を図り、親密な信頼関係を築こうとする姿勢のことである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。