【2016年度最新】S0105 教育心理学 レポート 第一設題 A評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,043
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0105 教育心理学の第一設題のレポートです。
    A評価を頂きました。

    教科書のみを引用し、簡潔にまとめてあります。
    レポート課題作成の参考にして頂けると幸いです。
    ※注意※
    レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。

    ※注意※
    レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。


    【設題】象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    子どもは一人前の人間になる前に、どうしても言葉を身に付けなければならない。そこで、この世に生まれた赤ん坊がどのようにして言葉を獲得していくのか。発達とは何か。また、言葉だけでなく、身振り、表情、遊びを媒体としたコミュニケーションに目を向けて、精神面や身体面の発達を踏まえながら考えるとともに、子どもの言語習得を取り巻く環境、働きかけについて述べていきたい。
     ではまずそもそもの「発達」とは何か、述べていきたい。発達とは、受胎にはじまって、年齢に伴う心身の変化であるといえる。この変化は、量的であると同時に質的なものである。このことに関してコフカは「生活体が量において増大し、構造において精密化し、機能において有能化するとき、これを発達という」と定義している。つまり、量的に見れば量的増大であり、質的にみれば、構造化、再体制化の過程であるといえる。量的増大は目につきやすいが、発達とは量的増大だけではない。子どもが大人の縮図ではないという認識から教育が実践され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。