近畿大学(通信教育部)小児栄養学1(2)合格レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数422
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題・・・学童期・思春期の食生活上の問題点を挙げ、それらに対する健康への対応策についてまとめなさい。評価・・・合格
    ご注意:検索キーワードは資料に関連のありそうな語句を記入しております。資料購入によりレポート合格を保証するものでもございません。ご購入・ご使用は購入者様の自己判断と自己責任にてお願い致します。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    近年、偏った栄養摂取など子ども達の食生活の乱れや肥満・痩身傾向などが見られる。食生活を取り巻く社会環境の変化などに伴い、子どもに食生活、栄養摂取、食生活の乱れ、肥満や過度の痩身が見られ、生活習慣病と食生活の関係も指摘されている。学童期・思春期は、心身状態や生活に依存と自立の両面をもつ時期であり、これらが食生活に影響を及ぼすこともある。伴わせて、精神発達と性成熟との関係した食生活の考慮が必要である。食事行動は、精神発達を基盤にしたものが多く、情緒麺、自我の発達が誘因となって発生し、偏食・過食・拒食などの背景には、精神発達に関連することが多い。食事行動の問題としては、様々な要因があると考えられるが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。