「教育課程論」 第1課題第1設題(聖徳大学) 評価A

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数339
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】教育関係法規のなかの「教育課程」について説明し、教育課程の基準が設定されている理由について論じてください。
    【評価:A】
    【参考文献】「教育課程論」 著者:斎藤新治 出版社:聖徳大学通信教育部 平成15年4月1日発行
    「国立教育政策研究所学習容量データベース」
    http:/www.nier.go.jp/guideline/s22ej/index.htm
    【お願い】参考としてご覧下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題 第1設題
     教育課程とは、教育の目的を達成するために、教育内容を児童・生徒の発達段階に応じ、年間授業時間数との関連において総合的に組織した学校ごとの指導計画のことである。
     教育の目的は教育基本法と学校教育法に示されている。
    教育基本法の第1条は、「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」と示し、学校教育法は学校段階での目的を示し、例えば第29条で「小学校は、心身の発達に応じて初等普通教育を施すことを目的とする。」としている。
     つまり、教育を通して国家と社会の形..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。