「教育方法学」 第1課題第1設題 (聖徳大学) 評価A

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数168
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【課題】あなたは、教育方法学の学習から、教育の専門性についてどのように理解できたが論述しなさい。
    【評価:A】
    【参考文献】「教育方法学」著者:加藤好男 出版社:聖徳大学通信教育部 平成15年4月1日発行
    「教育方法学」 著者:佐藤学 出版社:岩波書店 1996年10月29日発行
    「教師家伝書」 著者:佐藤学 出版社:小学館 2009年4月6日発行
    【お願い】
    参考としてご覧下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題 第1設題
     教育方法学の学習をして、教職の専門性は医者や弁護士のようにはっきり確立されたものではないということがわかった。
     教職は専門職の6つの要件といわれるものを満たしていないが、一般に専門職とみなされている。しかし、専門性の高い知識と技術を持っていても統制できない「不確実性」に満ちた職業である。
     わたしは、教師は誰もがこの不確実な専門性からスタートし、自己の実践を省みたり、授業研究や研修などから積極的に学び続けることで実践的な知識や技術、経験から編み出された知恵などを身につけ、次第に専門家として成長していくものと理解した。
     社会学者ダン・ローティーは、他の専..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。