「教育基礎論」 第1課題第1設題 (聖徳大学) 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数173
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】テーマⅢの「学習課題」の3「学習指導要領と教育課程の関係を論ぜよ」
    【評価:B】
    【参考文献】「学校経営の基礎基本」 著者:牧昌見 出版:教育開発研究所 1998年12月10日発行
    「教育経営入門」 著者:宮田進・片山世紀雄 出版社:教育開発研究所 2012年4月1日発行
    「教育基礎論」 著者:牧昌見 出版社:聖徳大学通信教育部 平成13年4月1日発行
    【お願い】
    参考としてご覧下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題 第1設題
     
     学習指導書のテーマⅢの学習課題3、学習指導要領と教育課程の関係について論じる。
     教育課程とは各学校が学校教育目標を達成するために編成する教育の材料・手段であり、学習指導要領は、各学校が編成する教育課程の基準となるものである。そのため、学習指導要領を基準教育課程、各学校で編成する教育課程を実践教育課程と呼ぶ。
     日本は憲法で教育を受ける権利を保障している。そして、教育基本法では、国民に9年間の普通教育を受けさせる義務を負うことを規定し、この規定を受けた学校教育法は、小学校6年、中学校3年を義務教育期間と明言し、その教育を普通教育であると性格づけている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。