教職入門 第一課題 第一設題 (聖徳大学) 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数104
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【課題】テキストの第1章、5章、6章を精読・理解して、各章の要旨をわかりやすく要約すると共に、今後の教員養成にとって最も重要だと思われることについて1つ取り出してその重要性を論じなさい。
    【評価:A】
    【参考文献】
    「改訂これからの教師」 著者:高倉翔・加藤章・谷川彰英 出版社:建帛社 2008年改訂第2版発行
    【お願い】参考としてご覧下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第1課題 第1設問
     「これからの教師」の指定された章の要旨を述べ、最後に、今後の教員養成に重要だと思われることを記す。
     第1章では「教師とはなにか」と題し、言葉の意味を超えた、求められている教師の姿を考えている。
     この章では、「教員の資質能力」を備えた、期待される教師の姿を「教師像」と表現し、明治時代から現代までの法令、教養審・中教審答申を振り返りながら、今求められている教師と、その求められる教師を養成するための制度改革についておおまかに触れている。
     具体的には、今の教師には、いつの時代も変わらず求められる資質能力である「教科指導・生徒指導の専門知識」に加え、揺るぎない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。