【聖徳大学】 健康相談活動 第2課題 第1設問 評価A

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数286
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】健康相談の法的根拠と養護教諭の行う健康相談の特徴について述べなさい。また、養護教諭が健康相談の中で果たしている役割について述べなさい。

    【評価:A】
    「この課題は大変よくまとめられています。」の好評をいただきました。

    参考文献「:養護教諭の活動の実際」第2版(著者:静岡県養護教諭研究会 出版社:東山書房 2010年5月21日初版発行)、「養護教諭の行う健康相談」第10版(著者:大谷尚子・森田光子 出版社:東山書房 2000年9月30日第1版発行)、養護教諭の健康相談ハンドブック(著者:森田光子 出版社:東山書房 2010年11月25日初版発行)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            第2課題 第1設題
      
     健康相談は学校保健安全法の第8条に、「学校においては、児童生徒等の心身の健康に関し、健康相談を行うものとする」と定められている。従来、健康相談は学校医・学校歯科医が行うものとされてきたが、児童生徒等の多様な健康問題に組織的に対応する観点から、学校保健安全法では養護教諭、学校医・学校歯科医・学校薬剤師、担任教諭など関係教職員の積極的な参画が求められている。
     養護教諭の健康相談は、保健室のもつ「安らぎ」「受容的雰囲気」などを生かしながら、身体と心の両面のケアを行うところに特徴がある。多くは、保健室に内科的な訴えや傷害を負って訪れた子どもを、バイタルサイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。