近大姫路 生活 レポート 設題1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数479
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度近大姫路大学通信教育課程「生活」設題1の合格レポートです。
    参考にお使いください。

    設題1 「就学前教育は遊びを中心とした保幼育の生活の中に、なされている。」の意義について述べなさい。

    総評
    ☆設題の理解・・・1.よく理解できています。
    ☆文章の表現・・・1.よく表現されています。
    ☆参考図書・・・1.有効に利用しています。
    ☆内容・・・1.内容が豊かであり、よく学習しています。

    所見
    学習した足跡が見られ、設題の意図を理解して自分なりの考え方も述べて、しっかりとまとめられています。
    特徴を説明するための着眼点が六項目の説明を理解しやすく表現されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名(生活)
    設題1 「就学前教育は遊びを中心とした保幼育の生活の中に、なされている。」の意義について述べなさい。
     幼児期の子どもはその特性から言って、言葉だけの説明で物事を理解することや、はたまた言葉だけで物事を伝達することは難しい。そのため、この時期の子どもの教育では、幼児自身が体験を通して積み重ねていく「遊び」に重きを置いている。
    幼児は「遊び」を通して大人が思っている以上にたくさんのことを学ぶ。例えば、公園で他の子ども同士で遊ぶことによって他者の存在を知り、気持ちよく過ごすためのルールや思いやりの気持ちを学んだり、自然や動物と触れ合うことで自然の壮大さや命の大切さを学んだり、一見汚く見える泥遊びなどからは、創造性を学ぶことが出来る。そのため、「遊び」というのは幼児にとって実に様々な現実世界での認識を得ることができる上に、楽しみながら学ぶことで、豊かな感性を育て発達させるのである。また、自分の興味のあることや面白そうと思うことを積極的に行うことで、楽しみながら学ぶ、あるいは物事を楽しむといったことを経験させるということは幼児の可能性や意欲を高める上でも非常に大事なことだと言え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。