近大姫路大学 生活 試験解答例

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数242
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.生活科の内容「家庭と生活」「私の成長」を振り返って「乳幼児期にふさわしい生活」とはどういう意義を持つか述べなさい。 「家庭と生活」
    家庭生活を支えている家族のことや自分でできることなどについて考え、自分の役割を積極的に果たすとともに、規則正しく健康に気をつけて生活することができるようにする。
    「私の成長」
    自分自身の成長を振り返り、多くの人々の支えにより自分が大きくなったこと、自分でできるようになったこと、役割が増えたことなどが分かり、これまでの生活や成長を支えてくれた人々に感謝の気持ちを持つとともに、これからの成長への願いをもって、意欲的に生活することができるようにする。
    以上を踏まえて、乳幼児にふさわしい生活の意義について述べていく。まず乳幼児期にふさわしい生活とは、幼児の発達や状態に合致しているとことである。子どもの発達や状態を省みず、一方的に何かを教えたり、伝えたりすることではなく常に「幼児期の特性」を踏まえ、幼児期の心身の状態や発達の姿に即しながら子どもが生き生きと活動したり暮らしたりできるように配慮することである。また幼児が家庭において親しい人間関係を軸にして営まれてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。