PIH(妊娠高血圧症候群の病態生理)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数552
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PIHの定義、分類、原因、合併症、症状など病態生理について詳しくまとめています。DICスコアもワードでまとめてあるので、入力が面倒な人はコピペできます!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PIH (妊娠高血圧症候群)
    定義
    妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴い、かつこれらの症状が単なる偶発合併症によるものではないとき。
    分類
    <病型分類>
    ・妊娠高血圧(GH):妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、分娩後12週までに正常に
    復する場合
    ・妊娠高血圧腎症(PE):妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、かつ蛋白尿を伴うもので、
              分娩後12週までに正常に復する場合。
              ※高血圧と蛋白尿が同時に出現、高血圧が先行、蛋白尿が先行の
    3パターンがある。
    ・加重型妊娠高血圧腎症 元々高血圧や蛋白尿があった人が妊娠しPEを発症
     ①慢性高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に蛋白尿を
    伴う場合。
     ②高血圧と蛋白尿が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降にいずれか
      または両症状が増悪する場合。
     ③蛋白尿のみ呈する腎疾患が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に
    高血圧が発症する場合
    ・子癇:妊娠20週以降に初めて痙攣発作を起こし、てんかんや二次性け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。