S0107 教育行政学 第1設題 レポート 2016年 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数126
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0107 教育行政学 第一設題
    『「教育と福祉の連携」について述べなさい。』
    テキスト 『教育行政学 子ども・若者の未来を拓く』八千代出版

    2016年度 B判定

    今年度テキストが変更になり、それに伴って2016年度のシラバスの設題が変更となりましたが、テキスト変更に伴う経過処置につき、11月分提出期間までは2015年度のシラバスの設題で提出可能です。
    レポート作成時の参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育行政の一般行政からの独立」について論じなさい。(教育委員会制度についても言及すること)
     はじめに、教育委員会とは都道府県及び市町村等に置かれる合議制の執行機関であり、「生涯学習」・「教育」・「文化」・「スポーツ」等の幅広い施策を展開している機関のことである。
    教育委員会制度の今日における意義・役割について述べる。
    政治的中立性の確保
    継続性、安定性の確保
    地域住民の意向の反映
    これらの3つの意義・役割が教育委員会制度にはある。Ⅰの「政治的中立性の確保」に関しての教育とは、個人の精神的な価値の形成を目指して直接影響を与えるものであり、その内容は中立公正であることは極めて重要である。このため、教育行政に当たっても、個人的な価値観判断や特定の党派的影響力から中立性を確保することが必要であるとされている。
    そしてⅡの「継続性、安定性の確保」に関しての教育とは、子どもの健全な成長発達のため、学習期間を通じて一貫した方針の下で、安定的に行われることが必要である。また、教育は結果が出るまで時間がかかってしまい、またその結果も把握しにくい特性があることから、学校運営の方針変更などの改革・改善も漸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。