学習指導要領の法的拘束力について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数634
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験の解答の一例です、参考にしてください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    学習指導要領の法的拘束力について、学習指導要領の変遷を振り返りながら論じなさい。
    (資料)「学習指導要領等の改訂の経過」より
    ①昭和22年に教育基本法は全部が改正され、小学校教育は根本的な変革がなされた、教育課程についても同様に大きな改革がなされた。同年に学校教育法、学校教育法施行規則が制定され、学校教育法第20条の規則に基づいて教育課程に関する基本的な事柄を定め、教育課程の基準としての学習指導要領を(試案)の形で作成した。最初の学習指導要領は、授業時数について指導に弾力性を持たせるという趣旨から、各教科とも年間の総字数で表し、1年間を35週とした場合の週当たりの授業時数を併せて示した。日課表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。