S0101教育原論 第1設題 ペスタロッチーの教育学について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価「設題の把握、テキストの理解ともに十分です」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学について

     この授業のテキストを読み、関連する参考文献を読んで、このレポートを作成していく中で、なぜ、教育者としての基礎を学んでいくためにこのペスタロッチーという歴史上の教育者のことを十分に理解していくことが、これから教育というものに携わっていくために重要であるかという事が解りはじめてきた。ある本には「学校教育を作り上げたのはペスタロッチーである」と記されていた。またある本には「ペスタロッチーは教育学の天才であり、彼以外に教育学の真の天才を知らない」とも書いてあった。
     ペスタロッチーの教育学の内容は、「メトーデ」と呼ばれる直観の原理、語・形・数の教授、技能の陶冶、道徳的・宗教的心情の陶冶、有機的・発生的教育法などを初等教育において行ったことが挙げられる。

     ペスタロッチーは理論的意識の発展の原理として、自己の活動に基づく直感を唯一絶対のものと信じ、この原理が様々な方面に発展して昔からの教育を改革し、新しい教育の基礎を立てた。ペスタロッチーは「直感によって得られる我々の一切の知識を明瞭にする手段は数と形と語から来る」と述べている。数・形・語は人間教育におけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。