【日本大学通信】学習指導と学校図書館 合格レポートH27-H28―教採合格体験記付き

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数437
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部の司書教諭科目、学校指導と学校図書館の合格レポートです。付録として4ページの教採合格体験記付け、使用教材や勉強方法について書いています。教採を受験予定の方は参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校指導と学校図書館
    学校図書館がよりよい、「図書館利用指導」と「情報サービス」を行うためにどのような学校図書館メディアを用意しておく必要があるか、校種を高等学校に限定して論ずる。
    1 学校図書館における図書館利用指導とはどういうことか、具体的にどのような内容を指導すべきか。
    学校図書館における図書館利用指導は大きく分け4つに分けれれる。一つは、図書館利用の入門者を対象とした図書館の機能、基本的な構造、取り扱い方と利用上の心得に関する指導である。二つ目は、目録の利用法や分類、配列など、資料や情報を迅速かつ的確に探し出すための知識と技術の指導である。発達段階に応じて、辞典や百科辞典の利用法や、その他多様な参考図書を使いこなす資料活用能力が育成されるように指導する。三つ目は、視聴覚資料、新聞・雑誌、ファイル資料など図書以外の資料についても特性を知って適切に利用できるようにする指導である。4つ目は、ノートや記録用カードの使い方、資料リストの作り方、資料要約法、レポート作成法などを含めた、図書館やその資料を活用して収集した情報処理の仕方の指導である。
    2情報サービスとはどのような内容をいうのか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。