現代教職論 0903

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数258
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代教職論の合格レポートです。「要点がよくまとまり、わかりやすい」と講評がありました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代教職論 0903
    1998年に教育職員免許法が改正された。その改正がすすめられた背景を簡単に説明し、改正された教育職員免許法(施行規則)にこめられた「教師が身につけておくべき資質、能力」とは何かについて論述しなさい。
    <キーワード>教育職員免許法(施行規則)の改正
    教育職員養成審議会
    教員免許取得に必要な科目
    <教育職員免許法改正の背景>
    近年の「少子化」傾向、児童生徒数の減少を背景とする教員採用数の減少に対応するとともに、いじめ、不登校、子供の自殺に代表されるような学校現場を中心とする教育問題の深刻化に十分対応できない教師の質の問題に対処するため。
    教育職員養成審議会が1997年7月に発表した「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」と題する『第一次答申』が教育職員免許法改正の直接の出発点となった。
    <改正のポイント>
    教職に関する科目と教科に関する科目のバランスの変化。
    ⇒教科に関する科目が半減し、教職に関する科目が増えた。
    ⇒現代教職論も新設科目の一つ。
    教育実習の単位増(3単位から5単位へ増加)
     1998年に教育職員免許法が改正された背景には、近年の「少子化」傾向、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。