S8109 教育方法学1(中・高) A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数65
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度、A判定レポートです。
    汎用性の高い書き方をしているので、どなたでもご利用いただけると思います。
    参考にしていただけたら幸いです。

    レポート設題:従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価について留意点を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価について留意点を述べよ。
    これまでの学校教育では学習指導要領や教科書に準拠して授業を展開してきた。しかし、これから生徒が主体として学習を進めるには、学習ニーズの見極めと、社会的な文脈のなかでそのニーズが満たされる方向での指導が必要となる。なぜ生徒が主体的に学習する必要があるかというと、今日は情報社会と言われているほど高度な職能が必要となっている。この職能を身に付けるためには独学または自主的な学習が必要になるからである。世界的にも、個人が習得した能力が問われているので、主体的な学習が必要となっている。では、従来の知識伝達を重視した授業方法と生徒の主体性を重視した授業方法の、授業設計と授業評価について順に述べていく。
    まず授業設計についてであるが、教師は授業を行う前に授業設計を立てるが、教師の思う通りに子どもは学んでくれない。さらに、子どもの学習がもっている制約と時間の制約がある。それが授業の難しさであり、専門知識が求められていることだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。