S8102 教育心理学1 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数32
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度、A判定レポートです。
    汎用性の高い書き方をしているので、どなたでもご利用いただけると思います。
    参考にしていただけたら幸いです。

    レポート設題:児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかまとめよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するのかまとめよ。
     児童期は親からの分離の動きが現れる幼児期、心理的な自立を果たそうと揺れ動く青年期との間にあって、身体発達も比較的緩やかで情緒的にも安定した時期である。また、新たに始まる学校生活活動経験は発達の様々な側面に影響を与える。これに対し、青年期は子供から大人へと生まれ変わる時期であり、不安定な情緒を体験するとともに、種々の心理的課題を解決しなくてはならない危機に直面すると捉えられてきた。青年は親への依存心を宿しつつも反抗し、親からの離れて自らの世界を確立しようとする。また、友達を中心とした人間関係が広がり、ときに孤独を感じながら理解を求め合う一方、急激な身体の発達や性的成熟を契機に性の心理的受容を迫られ、性役割観を形成していき、性の問題も抱えながら異性関係を展開する。こうした様々な経験を通して、青年の関心は自分自身に向き、自分の内面を見つめられるようになる。
     児童期にはまず、2次元的ことばの習得が行われる。小学校に入学すると、本格的な読み書き教育が始められるだけで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。