S0702 教科教育法数学1設題2 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数54
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度、A判定レポートです。
    汎用性の高い書き方をしているので、どなたでもご利用いただけると思います。
    参考にしていただけたら幸いです。

    レポート設題:(1)代数、(2)幾何、(3)解析、(4)確率・統計の中から一つ取り上げ、数学の内容の系統性を記述するとともに、数学教育の視点から考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)代数、(2)幾何、(3)解析、(4)確率・統計の中から一つ取り上げ、数学の内容の系統性を記述するとともに、数学教育の視点から考察しなさい。
     確率・統計について述べ、数学教育の視点から考察していく。数学教育において、身近なものから数学について理解を深めていくことで、生徒の興味や関心を引くことができるようになると私は考える。そのためには数学の各領域の特徴を教員自らが理解しておかなければならない。まずはじめに、各4領域の特徴について述べていく。
    代数教育は、数文字、文字式、方程式などを扱い、代数教育を行う目標として大きく以下の5つの目標がある。1、数の教育目標として、計算方法の理解と習熟と数概念の理解があげられる。計算方法の理解と習熟では、中学校入学後に正負の数を学習することによって数の拡張が行われ、これまでの加減乗除の四則演算が加法と乗法の2つに集約できるようになる。数概念の理解では、各種の数のもつ構造、特徴である順序、四則演算、連続性について理解させることが目標となる。2、文字の教育の目標、文字の教育では、定数、未知数、変数についての性質の理解が目標となる。3、文字式の教育では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。