S0536 人権(同和)教育 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数40
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度、A判定レポートです。
    汎用性の高い書き方をしているので、どなたでもご利用いただけると思います。
    参考にしていただけたら幸いです。

    レポート設題:50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義を学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義を学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    同和教育は1945年4月に、戦前の行政機構である厚生局厚生課に同和係が設置され、終戦後に新憲法のもとに機構が改革され、民政局に移管された。同和係は1951年に「京都市同和地区生活実態調査」を実施し、調査は翌年の1952年に完了した。調査結果に基づき、市は各種の改善事業を計画するのであるが、同年に生起したオールロマンス事件によりそれら事業の多くは前倒し実施され、京都市の同和行政は一気に加速されることになった。戦後の京都市における同和教育施策は、同和地区児童・生徒の長期欠席・不就学の取り組みに始まる。同和地区児童・生徒の不就学率の高さは特筆されるため、同和地区児童・生徒の長欠・不就学問題は、同和教育創世期における最も重要にして緊急な教育課題であった。同年、部落差別開放委員会京都府連合会は同和地区・生徒の不就学児童を無くする対策を即時にたてることを同和教育行政における最重要課題と位置づけた。具体的には生活困窮の児童・生徒への学用品の無料支給、無料で完全な給食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。