P6701異文化理解(西欧)A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数96
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度、A判定レポートです。
    汎用性の高い書き方をしているので、どなたでもご利用いただけると思います。
    参考にしていただけたら幸いです。

    レポート設題:EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
    EUと呼ばれる欧州連合、ヨーロッパ連合は、その前進ともいわれているヨーロッパ共同体であるECを母体として、1991年のマーストリヒト条約を基に1993年に発足した。この条約の狙いとしては、ヨーロッパ内での経済、政治、外交、軍事などの様々な側面における統合にあり、全部で27の加盟国を有しているが現状だ。マーストリヒト条約の批准がひと段落して、欧州共同体が欧州連合に変化していくとともに、ヨーロッパ統合のための加盟国は増え、そして何より、ヨーロッパの国境は消えようとしている。統合と一口に言っても、色々な要素がある。経済統合に必要な交通網、土地制度、貨幣統一や国家統合に必要な憲法、国民議会、軍隊がある。国民統合に必要な戸籍、学校、政党、そして、文化統合に必要な国旗、国歌、国語、文学など様々な要素がヨーロッパ統合には必要になってくる。これらは交通の自由をもたらしてくれるばかりではなく、文化、民族、言語などが頻繁にヨー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。