金融論_分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートですが、あなたの合格を保証するものではありません。参考程度にお役立てください。
    金融論(科目コード R31800)分冊2

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融論(科目コード R31800)分冊2
     中央銀行が金融緩和政策を行った場合に金利と為替レートには、どのような影響があるのでしょうか。短期と長期に分けて説明しなさい。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     
     金融政策の一般的な目標として、物価水準の安定、完全雇用、経済成長、国際収支の均衡(為替相場の安定)などが挙げられる。政策当局(通常は中央銀行)は、これらの目標を達成するために、公定歩合の変更、預金準備率の変更、公開市場操作などの政策手段を採る。現実社会では、経済に何らかのショックが与えられても諸価格はすぐには反応せず、全ての市場がクリアされるには長い時間がかかる。このような十分な長さの時間を「長期」と呼ぶ。これに対し、ショックがかかった直後の諸価格が変化しないある一定の期間を「短期」と呼ぶ。以下、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。