金融論_分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数71
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートですが、あなたの合格を保証するものではありません。参考程度にお役立てください。
    金融論(科目コード R31800)分冊1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融論(科目コード R31800)分冊1
     次の2問すべてについて答えなさい。
    1.貨幣乗数仮説とその問題点について述べなさい。
    2.マネタリーベースがマネタリー・コントロールにおいて適切でないといわれる理由を説明
     しなさい。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    1.貨幣乗数仮説とその問題点について
     貨幣乗数仮説とは、貨幣供給過程を説明する代表的理論であり、貨幣乗数は信用乗数とも呼ばれる。貨幣乗数仮説の本質は、中央銀行が買いオペなどによりマネタリーベースを増加させると、銀行の信用創造によりその貨幣乗数倍のマネー供給量、及びマネー残高が増加する、と要約される。
     貨幣乗数の算出には2つの公式があり、1つはマネーストックをマネタリーベースで割って求める方法
    貨幣乗数=マネーストック/マ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。