経済史総論_分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数0
閲覧数339
ダウンロード数1
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

ファイル内検索

資料紹介

合格レポートですが、あなたの合格を保証するものではありません。参考程度にお役立てください。

日大通信 経済史総論 H26 分冊2

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

経済史総論(科目コード 0720 / 教材コード 000161) 分冊 2
1. ヨーロッパ大陸諸国の中で、フランスとドイツの産業革命・工業化の発展を概括せよ。
 その際、フランスについては、中小規模の農業の強力な存在、サン・シモン思想に影響されたナポレオン3世下での鉄道や産業の発展に着目せよ。また、ドイツについては、1834年に成立した「ドイツ関税同盟」が、政治的に分裂状態にあった不利を克服し、工業を発展させた点に注目せよ。
 さらに、フランス、ドイツの産業革命・工業化が、イギリスの場合とどのように異なっているかを述べよ。
<ポイント>
 問題中に詳しく述べているので、問題文をよく読んで解答してください。
 
<キーワード>
 問題文に示されているので、省略します。
<参考文献>
* 講座 西洋経済史 2 産業革命の時代 ・ 角山栄 
 同文館 S54.10.25 出版
 フランス産業革命の始期を明示することは難しい。しかし、18世紀初頭に開始されたフランスの綿業生産は、19世紀初頭には機械制紡績工場が広範に普及していたことから、おそらく1810年頃には既に産業革命が開始されていたと..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。