経済史総論_分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数0
閲覧数375
ダウンロード数0
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

ファイル内検索

資料紹介

合格レポートですが、あなたの合格を保証するものではありません。参考程度にお役立てください。

日大通信 経済史総論 H26 分冊1

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

経済史総論(科目コード 0720 / 教材コード 000161) 分冊 1
1. 資本主義像に関する3人の説を概括的に述べよ。
 次に示す3人の人物とその代表的著作は、19世紀資本主義(自由主義的市場経済)社会の歴    
史的特長を、それぞれ異なる形で、明確にしたものと言える。
 ①マルクスは唯物史観に基づき、②ロストウは経済成長論を援用し、③ポラニーは社会学、人類学的な視点を採用しながら、上記の19世紀資本主義社会が、他の社会と対比して、どうのような特質を持っているのかを提示している。これら3人の提示した内容を、彼らの代表的な著作に依りながら概括し、それらを相互に対比せよ。
<ポイント>
1. マルクス、ロストウ、ポラニー3人の19世紀資本主義をキーワードを使いながらまとめ、3人の見解の特徴を比較すること。
<キーワード>
1. 唯物史観、経済成長史観、非市場社会と市場社会、19世紀資本主義の特徴
<参考文献>
* マルクス 経済学批判 
武田隆夫 他・訳 
岩波書店 1995.12.5 出版
* W.W.ロストウ 経済成長の諸段階 
木村健康 他・訳 
ダイヤモンド社 S43.4..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。