明星大学 中等教育相談の基礎と方法1単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数447
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度、中等教育相談の基礎と方法1単位目の合格レポートです。よろしければ参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育学部
    PC3060「中等教育相談の基礎と方法」1単位目(2014年度)合格レポート
    <課題>
    カウンセリングの主要な理論を比較してまとめ、教育相談に適用する際の課題を述べよ。
    <評価>
     カウンセリングの主要理論につき、テキスト以外にも文献にあたり、各々の要点を例示をまじえてまとめ、比較されており、評価できる内容であった。こうしたカウンセリングの考え方がどのように反映されているか、他の文献(ex.「教師のためのカウンセリング」有斐閣.etc)でも確認してみて欲しい。
     カウンセリングの主要な理論を比較してまとめ、教育相談に適用する際の課題を述べよ。
    カウンセリングの主要な3つの理論「精神分析理論」「自己理論」「行動主義」を比較してまとめ、教育相談に適用する際の課題について述べていきたい。
     まず、「精神分析理論」とは20世紀はじめにフロイトが提唱した心理療法である。フロイトは自分で考えたり行動したりする「意識」の底に「無意識」という存在があることを発見し、この無意識の中にある抑圧された感情や欲求こそが人間を動かす原動力であると主張した。例えば二度と思い出したくないような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。