明星大学 教育の制度と経営2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数402
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年度、教育の制度と経営2単位目の合格レポートです。よろしければ参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育学部
    PA1030「教育の制度と経営」2単位目(2014年度)合格レポート
    <課題>
    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    <評価>
     学校の自主性・自律性を保障し、学校経営の裁量性を機能させるために校内経営体制を整備する方策として、職員会議の補助機関化、企画委員会等の活動、学校評議員制度の導入、校長・教頭への適材の確保などが示された。その中心は校長のリーダーシップ強化による「組織的、機動的な学校運営」の体制基盤づくりである。
    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    学級経営とは、学校における児童・生徒の基本的な活動単位である学級を、教師が教育理念に基づいて組織化し,教育活動の充実を目指した実践の総体である。今日の学級経営をめぐる課題の一つに、子どもが授業中に立ち歩く、教師に暴力行為を及ぼすといった授業が成り立たない状況、いわゆる「学級崩壊」の増加がある。原因はいじめや教師による不適切な対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。