明星大学 健康スポーツ科学論 過去問と回答

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,159
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学・健康スポーツ科学論の過去問と回答です。
    ページ数は「生涯スポーツと運動の科学」という教科書に対応しています。回答はまとめて書いてあるので、もっと詳しく知りたい場合は教科書を参考にして下さい。少しでもお役に立てばと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康スポーツ 過去問集
    ○中枢神経と末梢神経について説明しなさい(p9)
    中枢神経…身体運動だけでなく、すべての生命活動を支配する最も重要な器官。主に能と脊髄に含まれている。
    末梢神経…中枢神経からの命令を運動器官に伝える、あるいは外部からの感覚情報を中枢神経に伝えるための情報伝達経路。命令機能はない。
    ○随意運動のしくみについて説明せよ(p12)
    随意運動…自らの意思で行われる運動のこと
    ・大脳皮質は場所によって機能が異なる(感情・味覚・視覚・記憶・理解・運動など)
    まず前頭葉にある「連合野」が感覚情報(自らの意思決定のもととなった刺激)をもとにどのような運動がよいかの決定をする。
    ・連合野で決定された運動プランをもとに運動野が運動の命令を出し、前運動野が具体的な運動プログラムが作成される。
    ・この運動プログラムが筋に向かって命令を出すのは運動野であるが、直接筋に行くのではなく運動神経細胞(運動ニューロン)に中継され、複雑な動きに対応できるよう調節が行われる。
    ○伸張反射について(p18)
    伸長反射…脊髄反射の一つで、筋肉が受動的に引き伸ばされると、その筋が収縮する現象。
    代表的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。