教育原理2単位目レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数159
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2014年度、教育原理2単位目の合格レポートです。よろしければ参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部
    PA1020 教育原理2単位目(2014年度)合格レポート
    <課題>
    1.戦後日本の教育改革について3点を取り上げ、要点をまとめよ。
    2.現在の学校教育の課題について考察せよ。
    <評価>
    戦後の教育改革と現代の教育課程について適切にまとめられています。
    1.戦後日本の教育改革について3点を取り上げ、要点をまとめよ。
    戦後、日本の教育はGHQの指導のもと新しい体制が築かれることになった。主な改革を3点取り上げ、以下にまとめた。
    1点目はこれまでの国家主義的な教育を改め、民主主義と平和の思想を基本理念としたことである。戦前の教育理念は、「教育勅語」を中心とした国家主義・軍国主義的な教育であった。こうした教育が戦争へ導いたとして、GHQは昭和20年教育に関する4つの指令を出し、政府が国家神道の思想や信仰を保護・奨励することの禁止、軍事教練や修身、日本歴史及び地理の授業の停止と教科書の回収、極端な軍国主義、国家主義を勢いづけた教育関係者の罷面・追放など、わが国の国家主義・軍国主義的な思想と教育の排除を求めた。そして、教育勅語に代わるものとして昭和22年に教育基本法が制定され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。