日大 通信 行政学 分冊2 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    意思決定の離村や意思決定の過程を、日本型意思決定の特徴である稟議制との対立も含めて論じなさい。
     意思決定とは、「一定の目的を達成するために、二つ以上の代替的な手段のなかからその一つを選択する理論的過程」である。これは管理行動の過程によって作成され、①問題の明確化、②代替的手段の発見、③代替的手段の比較評価、④手段の選択・決定、の4つのステップを踏むことになる。
     意思決定の過程は選択の過程であり、代替的手段を見いだす必要がある。代替案が全て提示されることで、その中から最適な手段を見つけることができる。これは、伝統的な管理論で、統計的決定理論における合理的選択の考え方である。この理論は、①意思決定者は経済人として合理的な人間である、②意思決定者は目的に対するあらゆる手段を知ることができる、③意思決定者は、到達しうる結果をすべて予想でき、とくべき手段について順位をつけることができる、ということに基づいている。
     その後、最終的な決定を行うことになる。伝統的な合理的選択の理論とは異なり、マーチやサイモンの合理的選択理論では、四つの構成要素からなる決定モデルで説明する。①代替的手段の集まり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。