日大 通信 行政学 分冊1 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ行政学(現代行政学)誕生の背景、発展の歴史、それぞれ理論の特徴や内容を、政治行政分離論、行政管理論、人間関係論、社会学派の行政理論を中心に論じなさい。
     1887年、W.ウィルソンが『行政の研究』で、行政を積極的に政治の影響から排除する政治行政分離論を提唱した。これは、行政の効率的運営や政治の腐敗浄化などを意図していた。しかし、行政機能の拡大化や政策決定における行政機能と政治の接近により、行政を厳密に政治の領域から切り離すことは困難で、両者は連続したひとつの過程の中での二つの機能が融合して発揮されるという論調へと変化した。
     その後、ジャクソニアン・デモクラシーといわれるアメリカの行政理論において民主主義を確立したジャクソンなどが、アメリカ的行政観を提唱した。そして、アメリカにおける資本主義の勃興により、政府の行政機能の拡大と期待とが国民的な課題になったことで、都市行政への関心が高まり、研究がより進んだのである。
     ヨーロッパやアジアの一部からアメリカに移り住んだ移民たちは、主に都市の工業地域での労働力の担い手となった。こうした人々を直接支配したのが、都市の理事者たちだったが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。