日大 通信 政治学原論 分冊2 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数221
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政党の概念・機能および政党システムの分析枠組について説明しなさい
     18世紀のイギリスの政治家バークは政党を「全員が一致してある特定の主義に基づき、国民的利益を促進するために結ばれた一団」と定義した。ホイッグ党に所属するバークにとって、国民全体の利益ではなく私的利益を優先する政治家のグループは「徒党」であり、ホイッグ党が「政党」である、というのである。18世紀の市民社会では、政治社会内部に基本的な同質性があり、特定の政治家や政党が「国民的利益の促進」を目指すことが可能だった。しかし現代では、国民の利益は複雑化しており、政党も何らかの特定の部分的利益と結びつく傾向が強い。アメリカの政治学者シャットシュナイダーはバークの定義と比べ現実的な定義である「政党とは選挙を通じて権力を獲得しようとする組織である」とした。しかし、政党の目的は「権力の獲得」だけではなく、権力は政策実現の手段でもあり、政党は政策綱領を掲げ、これを実現するために権力を得ようとするのである。これに対しノイマンは、政党とは「社会の積極的な政治行為者たち、すなわち政府権力の統制に関心を持ち、さらに種々異なる諸見解を抱く他の単数ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。