日大 通信 地方自治論 スクーリング ノート A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    授業での板書の他に、教科書から関連項目をまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈教育委員会制度〉
    地方教育行政法改正
    新設:新しいタイプの「教育長」ができる。−首長任命
       総合教育会会議—大綱
    存置:教育委員会→事務局:閉鎖的
    事務局には教員経験者が多く、タテ系列の行政構造を生み出している。
    →しかし、今回の法改正ではそこが全く触れられていない。
    文科省:教科書の採択、教員の人事は自治体の現場に通知をしたい(法的な縛りがない)
    →首長が聞くのか、というのが疑問
    静岡では…
    教員免許を持っている事務局の職員を学校現場に戻すという決定をしている。
    今回の法改正について、閉鎖的な世界を作っている事務局への切り込みが足りないと述べている。
    文科省→県教育委員会→市町村教育委員会
    教育委員会を廃止しようという声が聞こえたとしても、文科省はそれを許可をしないであろう。
    大津市市長の要望は、教育委員会廃止だった。
    教育委員会制度を残すという面からの改革案と教育委員会廃止という改革案の2つがある。
    教育当事者の民意を反映すべき。
    教育審議会を教育委員会の下に作ったらどうか。
    教育委員会:教育の政治的中立と教育の民主化のために設けられる。地方教育行政の組織及び運営に関する法律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。