日大 通信 日本経済史 スクーリングノート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    授業での板書の他に、教科書から関連項目をまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〈産業構造とは〉
    ⇒一国の国民経済の内部における各産業の構成(構成比率)をいう。
    *産業構成の比率は、就業者数、産業の付加価値額(あるいは所得)、産業別の投資額などで計られる。
    景気動向指数:内閣府が毎月、前の月のデータを発表。
           →景気の転換点を表す。
    月例経済報告:毎月、前の月のデータを発表。
           →内閣の経済に対する見方。
    日銀短観:日本銀行が3ヶ月に1回発表
         →日銀が金融政策を行う為に、約1万社に景気の善し悪しをアンケ
          ート調査。
    GDP速報:3ヶ月に1回発表
    ⇒これらがまとめられて、一年の年報に。統計は取っているが、それぞれ目的が異なる。
    〈産業別就業者数〉
    1920年:第一回国勢調査
    →それ以前のデータはない。
    〈日本の貿易状況〉
    %を足すと100%にならない
    →第二次世界大戦前と今では通貨制度が違う。
     →金/銀本位制   →管理通貨制度
     →貿易を金・銀で決裁していた。
    ⇒通貨制度が違うことで、計算に誤差が出る。
    〈日本標準産業分類〉
    第一産業:農林水産業
    第二産業:鉱工業、製造業、建設業
    第三産業:第一、第二以外の産業
    ・1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。