ムサビ 社会学 テスト対策ノート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数36
閲覧数162
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テスト対策用に作ったノートです。教科書の内容をまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2部:社会の舞台
    Ⅰ、近代家族の変容
    ①家族とは?
    →「家族」を定義することは難しい
    【核家族説】
    核家族とは?
    →夫婦を未婚の子からなる家族
    〈1960年代の「核」の要素〉
    ①性 ②生殖 ③経済  ④教育 (人間にとって最も普遍的な機能)
    →子供    →衣食住 →文化の継承
    〈70年代以降の「核」の要素〉
    ①性 ②生殖       ③経済 ④教育
    →「家族」に残された機能 →企業、学校などの外部の機関へ
    ☆躾や家内労働など教育と経済の働きが含まれた「家族」
               ↓高度経済成長期以降
     躾や家内労働に含まれていた社会性や公共性が急速に失われ、夫婦間や親子 
     間、きょうだい間の親密な感情だけを強い絆とする私秘的空間へ
    【イノセントタブー説】
    イノセントタブーとは?
    →近親姦の禁止
     (※これを単なる禁止事項としてではなく、家族と社会の発生のメカニズムとして捉える)
    人間は性的パートナーを家族の外側に求める
    →家族のメンバー同士で無秩序に性関係を持つと、家族の内部と外部の区別がつかなくなる。

    イノセントタブーがなくなると家族はたちまち、その輪郭を失う
     *家族の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。