ムサビ 哲学 テスト対策 模範解答

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数317
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テスト対策用のノートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    次に挙げる項目の中から4項目を出題する。それについて簡潔に説明せよ。(200〜400字)
    問題
    ①「哲学」の語源(P.17)(日本語としての「哲学」ではなく、ギリシア語としての語源について説明すること)
    ②アルケー(P.55)
    ③ロゴス(P.66)
    ④エレンコス(P.84-86)(言葉の意味だけでなく、その方法的意義についても説明すること)
    ⑤「事実上」と「権利上」
    ⑥目的論的論証(P.163-168)
    ⑦宇宙論的論証
    ⑧存在論的論証(P172-176)
    ⑨線分の比喩(P181-182)
    ⑩エッセ・エスト・ぺルキビ(P203-209)
    ①「哲学」の語源(P.17)(日本語としての「哲学」ではなく、ギリシア語としての語源について説明すること)
    「哲学」という言葉はピロスとソピアというふたつのギリシア語からなる。
     ピロスは一般的には親しい人や愛しいものという意味で「友」と訳される。抽象名詞でピリア(友情)となれば、「切望」や「願望」という意味で使われる。ギリシア語でいう友とは、単に「好き」な人や、気まぐれに「興味」を持った人のことではなく、「愛」する人のこと、一緒にいて欲しいと「切望」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。