現代芸術論  テスト対策用ノート 優評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数279
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テスト対策用に要点をまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1990年代以降の日本における芸術の「大衆化」について、あなたの意見を具体的な事例に基づいて述べよ。
    →デジタル・マスメディアの発展により、新たな表現方法(アプリ・動画投稿サイトなど)を見つけ、大衆が芸術の中に飛び込んでいけるようになったとともに、それが消費活動と直接的に結びついている。
    1 大衆化の定義
    大衆化とは「一般の人々の間に広く行き渡ること。一般大衆のものになること」で、つまり芸術の大衆化とは、かつては裕福層が享受するものだった芸術が、マスメディアの発達や複製技術が追い風となり、大衆にまで芸術が浸透した状態をいう。
    2 大衆化の結果
    芸術は、特権階級の中で生まれ、発展し、資本主義社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。