ムサビ 憲法 課題1 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数99
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    講評も載せてあるので、講評を参考に手直しして提出することができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1「例題」を参考にして、その中から各自がもっとも関心を持ったテーマを選び、「論点」を明確にすることを目標として論じなさい。
    自分が選んだテーマに関する裁判例を必ずひとつは参照し、言及すること。
    関係する法律の条文とそこに規定されている「権利」の内容を明確にすること。(条文を全部書き出す必要はありませんが、「第○条の○○権」ということを明記)
    自分が選んだテーマや事例について論点を明確にすること。
    「論点」とはその問題を考えるにあたって「ここが結論を分ける分岐点になる」と思われるようなポイント。
    「争点」とは裁判で原告・被告の当事者同士が衝突しているポイントのことで、ある事例をどう解決するか分ける具体的な分岐点。
     教育受ける権利は誰にでもあると、私は中学生のときに公民の時間で習い、それが当たり前であると思っていた。私と同じように、現代では教育を受けること、中でも学校に行くことが、全ての人に必要であり、かつ権利であると多くの人が認識している。その権利を実現するために、国家が学校制度をつくっている。国際人権においても、また国内の人権規定においても、国民は教育を受ける権利があると宣言され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。