フェルメール「画家のアトリエ(絵画芸術)」の考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ‘The Art of Painting’ 又は’The Allegory of Painting’、日本語では’絵画芸術’又は’絵画芸術の寓意’と題される、ヨハネス・フェルメールの作品には、一人のモデルらしき女性と一人の画家が描かれている。まずモデルらしき女性はラッパと書物をもち、何とも現代のモデルにはない個性的な出で立ちをしている。何かしらの理由がありそうである。その女性の手前に居る画家もどこかしら威風な出で立ちでキャンパスに向かって絵を描いている。その絵に着眼すると描き始めである事が分かる。モデルの頭部より描き始めている。さらに画家の右手には見慣れない棒がある。部屋に着目すれば、天井から釣り下がったシャンデリア、背後の壁面には大きな壁掛地図があり、床には白黒のタイルが貼られている。本稿では、細部にいたるまで緻密に念入りに描かれている今回の作品の意図を考察するために、各種文献を参照して分かった内容を以下に示す。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。