クルアーンの成立経緯

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数180
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    クルアーン(コーラン)が成立した経緯は、クルアーン自身とハディース(預言者ムハンマドの言行録)、およびムスリム(イスラム教徒)の伝承によれば、以下の通りである。
    アラビアヒジャーズ地方の町であるマッカ(メッカ)の商人であったムハンマドは、年齢が40歳ほどであった西暦610年頃に、迷うところがあってしばしばマッカ郊外のヒラー山の洞窟で瞑想していた。ある日の瞑想中に突然、大天使ジブリール(ガブリエル)が彼のところにあらわれ、神から託された第一の啓示を与えた。
    はじめムハンマドはこれをジン(魔人)に化かされたものかと思って怖れたが、やがてこれを本当に神から与えられた啓示だと信じて、自ら啓示を受け取っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。